多動症

多動症について記事一覧

多動症は小学校に入る前、5歳くらいになると特徴が分かりやすくなります。もし多動症だった場合、早い段階で気付くことで積極的に治療を受けることができますよ。5歳の多動症の特徴をまとめました。5歳の多動症の特徴@じっと座っていられない5歳の多動症でもっとも多いのが、じっと座っていられないことです。席を立って勝手に歩き回ったり、そわそわと姿勢を変えてしまったりするので多動症の中ではもっとも分かりやすい特徴...

多動症と診断される子供や大人が増えてきていますが、どう見分けたらいいのでしょうか?多動症の年齢ごとの見分け方と疑いを感じた場合どうすればいいのかお伝えします。多動症の年齢ごとの見分け方:乳児(0歳〜1歳)乳児の多動症の見分け方は、とても難しくて見分けにくいのですが、傾向としては以下のような行動が多いとされています。視線が合わないなかなか寝付かない寝返りをうつことが多くて落ち着きがない抱っこされると...

多動症は人の話を遮って話し出したり、じっと座っていられないなどの症状が特徴的ですが、これは親から子どもへ遺伝するものなのでしょうか?また、遺伝する確率はどのくらいなのか調べました。多動症は親から子どもへ遺伝するのか多動症の特性として、トラブルや問題行動を引き起こしてしまうことが多くあります。親のしつけが足りない、愛情が足りない、育て方が悪いからだと他人に言われた経験のある親御さんも多いでしょう。け...

多動症が疑われる場合は早く病院を受診して治療を受ける必要がありますが、どのような薬が処方されるのでしょうか?多動症に処方される可能性のある薬の効果と副作用をまとめました。リスパダールの効果と副作用リスパダールは多動症の人の神経を落ち着かせるために処方されることがあります。また、統合失調症や抑うつ状態の疾患にも処方されるこがあります。リスパダールはほかの薬と併用することが難しい薬です。以下の薬を併用...

ADHD(多動症)とアスペルガー症候群は似ている症状があるので見分けることが難しく、混同されることもありますね。けれど、ADHD(多動症)とアスペルガー症候群はまったく異なる障害です。どのような違いがあるのか説明します。ADHD(多動症)とアスペルガー症候群の違い@対人関係ADHD(多動症)うっかりミスや遅刻、物事を忘れてしまうことが多く人を怒らせてしまうことがよくあります。人と適切なコミュニケー...