コドミン 5歳

コドミンは5歳から摂取しても大丈夫?何歳からならいいの?

コドミンは5歳から摂取して大丈夫?

 

コドミンは5歳の子供に食べさせても大丈夫なサプリなのでしょうか?

 

いったい何歳から摂取できるのでしょうか?小さいうちから摂取させるのは不安ですし、抵抗もあって親としては心配になりますよね。5歳からでも大丈夫なのか調べてみました。

 

 

コドミンは何歳から食べていいのか?

コドミンは医薬品ではなく、栄養補助食品です。

 

何歳から摂取できるといった年齢制限などはまったくありません。

 

けれど、コドミンは3歳〜5歳くらいの間から食べ始めるといいそうです。

 

その理由のひとつは、コドミンはタブレットタイプで噛むか舐めて溶かすサプリであり、歯が生えそろう年齢じゃないと危険だからです。

 

2つ目の理由は、子供が自我を持ち始めたり、大人の言うことを聞く力がついてきたりするのが3歳〜5歳くらいの間だからです。

 

とくに女の子の場合、いろいろな言葉を覚えたり文字を書いたり、家のお手伝いをするといった成長が男の子よりも早く、3歳〜5歳と幅があります。

 

3歳〜5歳の間は、保育園や幼稚園などで他のご家庭のお子さまの成長の差も気になりだす時期ですよね。

 

自分の子供と他のご家庭のお子さまを比べて、あれ?と感じることもあると思います。

 

子供が集団の中にいるとそういった違和感に気付くことは多いですね。

 

先生に怒られたり友達に仲間外れにされてしまうことのないように、違和感を感じたら早いうちにコドミンを食べさせてあげましょう。

 

 

そんなに早くから摂取して大丈夫なのか?

3歳〜5歳ってまだまだ子供ですし、やはりサプリメントなんて不安だと思われる方もいると思います。

 

コドミンにはホスファチジルセリンという成分が配合されていますが、この成分は簡単にいうと「脳の栄養素」です。

 

この成分を3歳〜5歳から摂取したからといって子供の体に悪影響を及ぼすことはないので心配ありません!

 

子供の落ち着きや集中をサポートしてくれて、子供にとっていいことばかりなので安心してくださいね。

 

 

コドミンを5歳から始めている子供が多い

コドミンは早くて3歳くらいから摂取することが可能ですが、実際にコドミンを食べ始める年齢は5歳が多いです。

 

保育園や幼稚園は遊ぶことがメインで、ADHDの症状に気付きにくいです。

 

しかし、小学校は授業を静かに聞いていなければなりませんが、ADHDだとじっと座っていることができず席を立って歩き回ってしまうことがあります。

 

授業とは関係ない話を注意されてもずっとしゃべり続けてしまうといったこともあります。

 

ADHDの特徴に当てはまる症状が小学校にあがるタイミングで分かることから、5歳で始める子が多いのですね。

 

また、コドミンは5歳からだと始めやすいです。

 

コドミンは基本的に3歳から始めてOKですが、3歳くらいの子供だと味が慣れなくてなかなか毎日食べてくれないこともあります。

 

5歳くらいになると親の言っていることも理解できますし、親にもらわなくても自分で食べることができます。

 

そういったことも5歳から始める子が多い理由なのではないでしょうか。

 

 

どれくらいで効果を感じることができるのか

コドミンは年齢に関わらず、効果を感じるのに多少の個人差があります。

 

けれど、毎日食べ続けて大体3ヶ月くらいで効果を感じることができますよ。

 

なかなか効果が出ないからといってたくさん食べさせるということは絶対に止めてくださいね。

 

大切なのは毎日継続して摂取することですよ。

 

 

コドミンは5歳から摂取しても大丈夫?何歳からならいいの?:まとめ

コドミンは5歳から摂取しても大丈夫です!

 

年齢制限などはありませんが、歯が生えそろう3歳くらいから食べさせてあげましょう。

 

3歳未満だとまだ歯が生えそろっていなくて喉に詰まらせてしまう危険があるので絶対に与えないでくださいね。

 

 

年齢制限のない気軽に始められるコドミンで、子供が楽しい毎日を過ごせるようにサポートしてあげましょう♪